みらくる分析センター

English

 

 

活 性 水 研 究 セ ン タ ー

 

高濃度活性水active water製造装置の開発に成功しました。

装置の名称は「淡水」OuMiです。

 

ご家庭でいつでも活性水をご利用になれます。

活性水は水素水であると同時に還元水です。 

活性水はH3Oを核としたネットワーク構造を持ち、
その端にOHやHが別々に結合したイオン水です。
OHとHが共存した不思議な水です。

 

image

 誰もが水はH2Oだと習いました。ところが細胞の中の水はH3O2 = H2O・OHというイオン水だったのです。
 H3O2水は大変おいしくて飲みやすく、人体への吸収効率が非常に高い水です。
 老化は水が人体から抜ける現象です。
 弊社はこのH3O2水を大量に製造することに成功しました。どうぞH3O2水をお楽しみください。

 

image

 

 

活性水"OuMi"お試しキャンペーン実施中

OuMiクラブに会員登録いただきましたら、活性水"OuMi"1リットルを送料着払いで差し上げます。

この機会にぜひ活性水をお試しください。

 

OuMiクラブ会員申込みはこちらのメールフォームからどうぞ

上記リンクからメーラーが起動しないお客様は、e-mail:oumi@mirrorcle-analysis.co.jp 宛に直接メール連絡ください。

 

またはFacebookの「活性水情報センター OuMiクラブ」ページからグループに参加申請してください。

 

 

 

家庭用 ACTIVE WATER 生成器

OuMi-H0420

 

OuMi-H0200  

OuMi-H0420

 

 

 

OuMi-H0200

活性水製造能力:毎分4リットル

 

活性水製造能力:毎分2リットル  

 

 

 

業務用 ACTIVE WATER 生成器 OuMi-B1020

 

 

活性水製造能力:毎分10〜100リットル          

 

 

 

ACTIVE WATER 生成器は「OuMiクラブ」会員様にレンタルにてご利用いただけます。

OuMiクラブ会員申込みはこちらのメールフォームからどうぞ

上記リンクからメーラーが起動しないお客様は、e-mail:oumi@mirrorcle-analysis.co.jp 宛に直接メール連絡ください。

 

またはFacebookの「活性水情報センター OuMiクラブ」ページからグループに参加申請してください。

 

 

 

何故 active water

 

●誰もが水はH2Oで、人体の60から80%が水であることを知っています。水なくては生きられません。細胞は水で満たされ、水は血液として体中を循環します。何故水なのかを答えるのはそれほど簡単ではありませんが、敢えてまとめるならば以下の様になります。

 

@ イオンやタンパク質を移動するのに水が最適です。水はイオンやタンパク質を容易に溶かし運びます。水はイオン化しやすく、タンパク質や金属などと電子を交換して結合します。イオンやタンパク質は人体機関のメッセンジャーであり、体を統合するのに必要です。

A 流体の中で最も流動性の高いのが水です。水は容易に形を変えられる物質ですから、人体の運動機能を支えるのに最適です。人体が水でできているから運動が可能です。

B 水は人体から蒸発します。活動で生み出される老廃物を排泄するには水と共に排泄しますから、水は常時補給しなければなりません。従って、良い水を供給することが非常に重要です。

 

●では、良い水とはどの様な水でしょう。
 答えは、イオン化しやすい水です。

 

●水素水とは違う!

 最近水素水というものが流行しました。水素が溶け込んでおり、活性酸素と結びついてH2Oに戻すから良いのだという宣伝がなされています。H2は確かに空気中で燃やすとH2Oを作りますから、なるほどと思うかもしれません。
 ところが、市販の水素水を弊社で調べたところ水素はほとんど入っていませんでした。封を切るとH2ガスはその場で空気中に逃げてしまいます。

 

●イオン水とも違う!

 イオン水というものが売られています。イオン水は水を電気分解して、HイオンとOHイオンに分解します。電解槽のマイナス電極にHが集まり、プラス電極にOHが集まりますから、それぞれを汲み上げて使います。水の中でHが過多になると水は強い酸性を示します。酸っぱい水ができますので、あまり濃度の高いH水は飲まないほうが良いとメーカーが勧告しています。OHが過多になると強いアルカリ性を示し、苦くなります。この水には洗浄作用があります。還元作用と言います。この水も濃い水は飲むことをお勧めできません。

 

●第4の水

 水の状態には、液体、氷、水蒸気がありますが、第4の状態が提唱されています。外国では盛んに研究されています(The Fourth Phase of Water: Beyond Solid, Liquid, and Vapor、Gerald Pollackが良い本です)。H3O2という水が存在しているというエビデンスが多数報告されています。日本の理化学研究所でも世界最大の放射光Spring8を使って分析がなされました。普通の水にもある程度は含まれているという事でした。水は一度に沢山は飲めないものですが、このH3O2水は大変おいしく、いくらでも飲める水でした。この水は吸収が非常に速いこともわかりました。すぐにトイレに行きたくなるからです。

 

●第4の水は何故HとOH-が共存できるのか?

 active waterはH3Oを核としたネットワーク構造を持ち(繋がっている)、その端にOHやHが別々に結合したイオン水です。OHやHは自由には動けませんから、結合しにくいのです。これが第4の水の正体です。pHはほぼ中性です。OHによる還元作用により強い洗浄力を示すとともに、Hは体内の活性酸素を取り除きます。OHとHが共存した不思議な水です。この状態はかなり長く持続します。半年ほど変わりません。

            

●分析方法

 水素ガスの溶存量を測定する方法はありますが、H3O2水の分析方法は存在しておらず、一から分析方法を研究する必要がありました。普通、水の電気分解を行うには、10V以上の静電圧をかけないと起こりません。ところがこの水は、高々1Vで電気分解が起きたのです。ビーカーの中で電気分解を始めると、しばらくして電気分解が止まりました。何故止まったかと言えば、H3O2が消費されたからです。電気分解に要した積算電流値からH3O2の溶存量がわかりました。pH値を測ると約8でしたからほとんど中性です。ほとんど中性ということは、水の中にHも共存しているということにほかなりません。

 

●新しい水?

 実は昔から活性水は作られていました。自然界にも存在していました。奇跡の水と言われるルルドの水がそれです。ルルドの水は、H3O2濃度が高かったのです。この水を黒曜石や電気石に通して作っている人もいます。水に交流電場をかけても作ることができます。しかし、分析法を知らなかった人々は、どうしたら濃度を最大にできるかわからなかったのです。

 

●私は水の正体がわかり、水の分析方法を手に入れましたので、H3O2水を大量に作る方法がわかりました。

 結果として、H3O2濃度が最大のactive waterが誕生しました。是非ご試飲ください。

 

 

 

 

こんなに不思議な水でした

 

A.まずactive waterは大変おいしい水なのですが大変強い洗浄力を示します。H3O2 = H2O・OHの還元基が作用するようです。

●お風呂の湯に使ってみてください。追い炊き式の風呂の場合、まずボイラーの中の汚れが大量に出てきて、数回繰り返すと出なくなります。そしてこのお風呂に入ると天然温泉よりも温まります。さらに、通常お風呂の湯は一晩おくと臭くなりますが、active waterは臭くなりません。数日使い続けても臭くなりません。不思議です。さらに、お風呂の壁や目地につくカビがきれいに落ちてしまいます。お風呂場はいつも清潔です。

active waterを一カ月ほど飲むと起こることは、腎臓結石が出てくることと、尿が非常に澄んでくることです。腎臓結石が下りてくる現象は私も含めて何人もが経験しています。結石が溶けて、小さくなって出てくるようです。

●顔にスプレーしますと、毛穴の汚れがとれてお肌が大変きれいになります。現在化粧品会社がactive waterを使おうとしています。

 

B.腐敗を抑える一方で植物を活性化します。

●果物や野菜をactive waterに浸けて常温で1カ月放置してみてください。新鮮なままでおいしくいただけます。水道水に浸けた物は腐ります。

●ヨーグルト菌が弱ったのですが、active waterを10tほど入れたところ活性が戻りました。

●植物が弱ると、ウドンコ病になったり、シラミで覆われます。そこでactive waterを振りかけますとシラミは即座に居なくなり、植物は大変元気になります。従って、農薬を使わずに野菜の栽培が可能になります。

 

ともかくactive waterは本当に不思議な水です。active waterを研究されたい方やモニターになってくださる方を求めています。毎日飲む水が変われば健康でゆたかな社会が作られます。みらくる分析センターはactive waterを大量に作る技術を持っています。

 

山田廣成

 

 

ACTIVE WATER 生成器は「OuMiクラブ」会員様にレンタルにてご利用いただけます。

OuMiクラブ会員申込みはこちらのメールフォームからどうぞ

上記リンクからメーラーが起動しないお客様は、e-mail:oumi@mirrorcle-analysis.co.jp 宛に直接メール連絡ください。

 

またはFacebookの「活性水情報センター OuMiクラブ」ページからグループに参加申請してください。

 

 

 

↑TOPに戻る